税務会計三直線

税務、会計、経営について主に書いていきます。

贈与税 相続時精算課税改正!

平成27年の贈与税の改正は2つです。

改正1、相続時精算課税


改正2、贈与税(暦年課税)の税率構造

この改正は、平成27年1月1日以後に贈与により取得
する財産に係る贈与税について適用されます。

改正1、相続時精算課税制度の改正については、平成25年の
税制改正で公布された時に、このブログで解説していますが、

改正点は次の通りです。

      改正前         改正後

贈与者   60歳以上      65歳以上
     (贈与した年の1月1日において)

受贈者   20歳以上      20歳以上の者で、
                    贈与者の推定相続人及び

特筆すべきは、受贈者に孫が加わった事です。

孫への贈与は一代飛ばしての贈与により、一見有利に見えますが、
色々、問題点もあります。

問題点を列挙すると、次のような点です。

1、相続税の特定納税義務者として、相続が発生した時は
 相続税計算に織り込まれます。

2、法定相続人にはない2割加算があります。通常で計算した
 相続税に更に20%加算されるということです。

3、遺産に係る基礎控除額の計算に相続人とはなりません。

4、小規模宅地の特例の評価減が使えません。

5、一度、選択したら暦年課税には戻れません。

これらの問題点をよく認識して、十分試算して有利不利を判断
してから適用することが肝心です。

贈与税(暦年課税)の税率構造の改正については、
次回に解説いたします。