税務会計三直線

税務、会計、経営について主に書いていきます。

自己資本の大きさを誇るのは上場企業の話です。

 内部留保が大きいということは、それだけ税金を払った
ということです。

 何故なら、内部留保金は税金を払った残りの累積だから
です。

 それは節税の失敗ということです。
 自慢になりません。

 会計ソフトは一律に自己資本比率を出してきますが、
もし、それを見て中小企業のお客様に
内部留保が少ないですね」
とアドバイスするとしたら、その会計マンは半分以上
間違えてます。


 内部留保は残さないのが正解です。
 
 所得税率20%領域内なら、法人に利益を残さず、全部
給料で取りましょう。

 20%領域というと、給与収入で年間1000万円位です。