税務会計三直線

税務、会計、経営について主に書いていきます。

無題

2020年の日本経済は混沌?

あけましておめでとうございます! 毎年の事ながら、新年にあたり、日本経済の予測を自分なりに立ててみます。 これは、会計事務所のお客様に色々とアドバイスするため、と、株式市況がどう動くかを予測し、株式の売買で利益を得るためです。 今年、経済に大…

2019年日本経済は後半から景気後退か?

あけましておめでとうございます。 新春の財界トップの経済予測は当たらないという ジンクスがあります。 それ程、経済を見通すのは難しいということです。 2019年の経済を左右する大きな出来事は、 1、消費税増税、 2、米中貿易戦争、 3、米国経済の…

米中貿易戦争その2、ZTEとファーウエイとの取引禁止命令!

アメリカが中国との貿易を規制するキーワードは 「安全保障」と「知的財産権」。 2018年4月、アメリカ商務省がアメリカ企業による ZTEへの製品販売を7年間禁止する命令を発表。 同じく、通信機器再大手のファーウエイも標的とされた。 ZTE、ファーウエ…

米中貿易戦争   その1、米が貿易戦争を仕掛ける理由!

今、話題になっている、渡辺哲也氏の 「これからヤバイ 米中貿易戦争」 を読んでみました。 内容を、かいつまんで要点だけまとめてみます。 1、米が貿易戦争を仕掛ける理由、 A,「G2」論浮上 習近平氏が2013年3月に国家主席に選出され、 それと前後し…

2018年、日経平均は3万円を超えるか?

あけましておめでとうございます! 2017年と違って、2018年は読み易い年ですね。 会社四季報を見ると、銀行、保険等の金融株を除いて、 大方の会社は2018、2019年を増益の見込み、としています。 外国人の買いが増加しています。 株式の買い…

全く読めない2017年の日本経済!

あけましておめでとうございます。 昨年は驚きの連続でした。 英国のEU離脱、に続いて トランプ大統領,の誕生です。 アベノミクスは3年経ちましたが、どうも上手くいかないようです。 日銀の黒田総裁はデフレ脱却を目指し、量的緩和を続けましたが、 市中…

EU離脱!英国はどこへ行くのか?

1、英国の歴史 まさかとは思ったが、英国がEU離脱を選びました。 驚きました。 英国も日本と同じ島国で、日本も北から南から色々な 民族が流れ込んできて現在の日本民族が形成されました。 同じように、島国の英国の歴史を見ると、 最初に、紀元前9世紀…

2016年の日本経済は波乱に満ちた展開か?

2016年の日本経済は年初から日経平均5日連続安 という波乱の幕開けとなりました。 2016年の日本経済を象徴するような展開でしたね。 しかし、まだ、2016年は始まったばかりです。 私が波乱に満ちた年と予想する理由は、景気のプラス要因 とマイ…

2015年の経済の展望、何かが起こる?

あけましておめでとうございます。 昨年を振り返ってみるに! 2013年から始まったアベノミクスの 第1の矢「異次元の金融緩和」 第2の矢「機動的な財政出動」 よって株価は上昇を開始し、 昨年はアベノミクスの効果が薄れかけた頃 第2弾の金融緩和の発…

アベノミクスは今、エネルギー補充中!

景気や株価には大きな波と小さな波があります。 1、大きな波 大きな波は現在、2つあります。 1つは、何と言っても、脱デフレ宣言したアベノミクス、 2つ目は、東京オリンピックです 安部政権は2%の物価上昇目標を掲げて、日本はデフレからインフレ に…

2014年の経済は基本的に上昇!<アベノミクスの真価が問われる年>

あけましておめでとうございます! 1月1日の新聞で日銀総裁の発言が報じられていました。 曰く、 「2%インフレが安定に達成するまで金融緩和を続ける」 この発言に私はかなり期待しています。 理由は、 2012のアベノミクスの発表以来、日本経済は好…

株式暴落を怖れることはない?アベノミクスは始まったばかり!

白線を21本積み上げました。 実に長期の上昇です。 203.19円を底に、5月17日の329.53円まで 62%の値上がりです。 このグラフはほとんどダマシがありません。 その東証1部単純平均株価週足三本新値足が遂に黒線に転じました。 暫く下げ…

日本経済は2013年から景気回復に向かうか?

12月16日に総選挙が行われるが、各党の争点となるのは、 1、デフレの克服! 2、原発の問題、 3、TPPへの参加! 4、尖閣諸島をめぐる外交! 等々、と思われますが、自民党の阿部元首相は、経済に関して 次のような談話を発表しています。 「2~3…

ユーロの崩壊は世界をどのように変えるか!

ユーロ圏内では、ユーロという統一通貨で黒字国も赤字国も 取引しているという矛盾がある、と以前から言われています。 それは例えば、200円の統一通貨で日本も韓国も中国も 貿易をするようなもので、 強い国は益々強く、弱い国は益々弱くなることを意味…

2012年は大波乱の予感!<税収が40兆円、予算が90兆円、誰が考えてもおかしい>

あけましておめでとうございます。 2011年は大震災がありました。日本にとって本当に大変な年でした。 しかし、本当の大波乱はこれからやって来るような予感がします。 その理由は、 1、ユーロは崩壊の危機、 2、アメリカも実態は悪い、 3、アメリカ…

TPP アメリカ化の大津波が日本に押し寄せる!

世論が湧きおこる前に、野田首相がTPP参加に突っ走っている 印象があるが、少し、危うい感じがありますね。 アメリカの目的は何か? オバマ大統領の意図は明らかでしょう。それは「輸出の倍増、失業率の減少」 です。それがアメリカの国益。 日本の国益は…

復興財源をどこに求めるかーーー増税か国債増発か!

夏を過ぎ、いよいよ、復興が待ったなしになってきました。 しかし、問題はその財源です。 毎年毎年、40兆円からの国債発行に頼っている国家予算で 国債残高は気が遠くなる程に膨れ上がっていますが、 これから先、高齢化社会の進展で、社会保険料給付、医…

国債、円、株の暴落は避けられない!

「マネー避難」 藤巻健史著 氏はこの著書の中で、日本は震災の前後で経済が断絶した、 今までにない違う日本経済になる、と予言し、 国債の暴落、インフレ、円安の世界が新日本の世界である と述べています。 国債が暴落する理由として、 1、金融機関は復興…

超円高で震災日本は3年後に復活する!

3月11日の東北大震災以後の日本経済がどのようになるか、 専門家の意見を聞きたくて、本屋に立ち寄ってはその手の本を 探したが、ようやく、出ました。 宇野 大介著、徳間書店、による上記の本です。 サブタイトルとして、 「1ドル50円へ突入、空前の…

東日本大災害、緊急かつ素早い支援を!

この時、私は8階建てのマンションの4階で独り、確定申告の作業を していました。 突然の大揺れです。すぐストーブを消し、窓を開けました。 少しすれば収まるだろうと高をくくっていたら、段々ひどくなります。 その内、ビルがギシギシきしみ始めました。 …

2011年の展望!仕事

あけましておめでとうございます! 1、仕事、---今年は良い年になる! 今年は良い年になると思っています。 何故って、去年が余りに悪すぎたからーーーーー。 まあ、比較の問題ですよ。 お客様の業績が毎月コンピューターから一覧で打ち出されますが、 …

デフレ時に大増税とは最悪、民主政権!

今朝の新聞を読むと、相続税アップ、給与所得控除 引き締め、成年扶養控除廃止、はては、消費税アップ、 と増税オンパレードです。 このデフレ時です。 何故、デフレなのか、私は経済学者ではないから難しい ことは分からないけれど、 しかし、単純に考えて…

「円高介入」は正しいか?

急激な円高は輸出企業にダメージを与える、日本は輸出国家 だから企業業績が落ち、失業者が増え、賃金もダウンして、 日本は大変だ! と、政治家や財界がそう発言し、メディアもそう論調する から、一般市民もそう考える。 しかし、私はいつも思います。 自…

「陰の極」まで回復はない? 円高84円台!

1995年4月の 79.75円が視野に入ってきた 感じです。 95年は急騰した後、急落したので、何か、意図的な ものを感じましたが、 今回の円高はじりじりと腰を据えて上げており、例え、 一時的な小手先の下げがあっても、陰の極までいきそうです。 陰…

愛のために「道徳」を捨てるか!<神鵰剣侠>

「神鵰剣侠」金庸作 武侠小説史上最高のラブストーリー。 射鵰3部作(射鵰英雄伝、神鵰剣侠、倚天屠龍記)の 第2部目に当たります。 文庫本で15冊という大長編です。 郭嘯天ーーー郭靖ーーー郭襄 楊鉄心ーーー楊康ーーー楊過 郭家と楊家の3代にわたる確…

最近のおかしなニュース2つ、「消費税還付」「財政赤字半減」

おかしなニュースが続きます。 G20で2013年までに「財政赤字」を半減しろだって! 何の財源で半減するんですか? 景気はどん底まで落ちたって4分の1も減りはしないでしょう。 幸い、こちらは回避されたようですが、 又、又、管首相の、 「年収により…

「アメリカ衰退論説」は天に唾する議論!

「金本位制復活」高橋靖夫著 を読みました。 今、本屋へ行くと、<ドルは50円になる>とか、<米ドル崩壊>、 とか、<金融資本主義崩壊、アメリカの没落>、とか、これらの類の 本、一色です。 やはり、反対意見にも耳を傾けないと危険だと思うので、この…

中国1の傾国の美女は誰か?

陳円円は多分、入っているだろうと思って調べてみたら、 <楊貴妃><西施><王昭君><㹦蝉>の4人と出てきました。 1、楊貴妃 唐の玄宗皇帝をめろめろにして、安史の乱を引き起し 唐の衰退の原因となった美女として、この女性は文句 のないところでしょ…

「鹿鼎記」と「韃靼疾風録」司馬遼太郎作

「鹿鼎記」は小説だから当然主人公は創作ですが、時代背景はしっかりしていて、 時代的には、司馬遼太郎の「韃靼疾風録」の続編という感じです。 「韃靼疾風録」は明末期の内乱で、「呉三桂」が対立していた「李自成」 に負けそうになり、女真族のホンタイジ…

「鹿鼎記」 金庸作 を読む!

「鹿鼎記(ろくていき)」金庸作を読む! 武侠小説史上、最低のヒーローが繰り広げる痛快無比の活躍! 以前、お客様の書店主が言いました。 「疲れると小説を読むんだよね」と。 このところ、確定申告期で忙しさは日頃の数倍。疲れが溜まって ブログを更新す…