税務会計三直線

税務、会計、経営について主に書いていきます。

「持分なし医療法人」への移行を考える!

医療法人の顧問先で、規模が大きく、又、地域の医療への貢献度 も高い診療所は、出資のほとんどを所有する理事長の相続が発生 した時、廃業することも出来ず、かと言って、多額の相続税を負担 しても、遺族は何の遺産も取得出来ない、という悲惨な現実が待っ…

後継者の要件、経営者の要件、「法人の事業承継税制」(贈与税)

「法人の事業承継税制」を適用するに際して、適用開始時の要件は3つあることを前回、お話して、最初の<会社の要件>を説明しました。 今回は、残りの2つ、 後継者の要件 経営者の要件 の内、 後継者の要件、について説明いたします。 まず、法人の顧問先…

適用の対象となるための要件!「事業承継税制の特例」(贈与税)

前回は、 贈与から、税額免除までの流れを説明しました。 事業承継税制の特例(贈与税)は、全ての法人が適用になるわけではなく、一定の要件に該当しなければなりません。 主な要件が3つあります。 1、会社の要件、 2、後継者の要件、 3、経営者の要件…

贈与から、税額免除までの流れ!「事業承継税制の特例」

事業承継税制は改正により、全株式を対象とし、100%の納税猶予となる、画期的な改正であり、 会計事務所としては、法人の全顧問先に適用したいと考えています。 先代経営者から後継者に全株式を贈与したとして、贈与から税額免除までの流れを列挙してみ…

2020年の日本経済は混沌?

あけましておめでとうございます! 毎年の事ながら、新年にあたり、日本経済の予測を自分なりに立ててみます。 これは、会計事務所のお客様に色々とアドバイスするため、と、株式市況がどう動くかを予測し、株式の売買で利益を得るためです。 今年、経済に大…

「配偶者居住権」と小規模宅地等の特例の関係!

1、 「配偶者居住権」において、小規模宅地等の特例はどう扱われるのか当初、明確ではなかったが、だんだんに明らかになり、 財務省から、「配偶者居住権の創設に伴う所要の措置」が発表され、大体、分かってきました。 その記述を拝見すると、 ” この配偶…

「配偶者居住権」の終了!

現在、相続の相談を数件受けていますが、「配偶者居住権」の創設で課税関係の把握が複雑になっています。 私の考えは「配偶者居住権」をうまく使えばかなりの節税になると考えています。 遺言書を作成したいので相談にのってほしいという案件があります。 「…

「配偶者居住権」、配偶者による使用及び収益、修繕等、費用の負担!

「配偶者居住権」の創設の意義は、財務省の発表によれば、 配偶者が居住建物の所有権を取得しようとすれば、遺産の構成によっては金融資産などの確保が困難になり、老後の生活に苦慮することになる。 居住と老後の生活の安定に資するため、配偶者の生存中は…

配偶者居住権の評価方法、具体例!

被相続人及びその配偶者が居住していた建物及びその敷地に配偶者居住権を設定した場合の具体的な計算をしてみます。 設例、 妻は相続開始時の年齢が85歳、 自宅建物の相続税評価額、---固定資産税評価額1,000万円、 自宅建物は木造、耐用年数22年、経…

「配偶者居住権」の相続税評価方法!

令和2年4月1日から施行される配偶者居住権について、平成31年度税制改正により、配偶者居住権が設定された建物とその敷地の相続税評価の計算方法が規定されました。 4項目に分かれます。 1、配偶者居住権が設定された建物所有権の評価方法 2、建物の…

「後払いキャンペーン!」は売上を上げる?

情報商材の雑誌を読んでいたら、後払いキャンペーンを実践した起業家の話が載っていました。 どういうことかと言うと、 売上がなかなか伸びない商品で悩んでいた時に、 何故、買ってくれないかというと、情報商材は中身が見られないので、それを買うのを躊躇…

私にだってお客様を選ぶ権利はありますよ!

30年以上昔、バブル華やかかりし頃、取引先の銀行からクラブのママさんを紹介されました。 ママさんのマンションを訪れると、中年の男性が現れて、挨拶を交わしました。 名刺を見ると、大手建設会社の部長さんでした。 建設会社の部長くらいでクラブのママ…

必要とする人のために働く!

「誰にも必要とされなくなったら事務所を廃業にしよう」 と、私は常々事務員に話しています。 必要とされないのに頭を下げて卑屈にお金を頂くのはどうも私の性に合いません。 しかし、廃業にすると自分の家族も事務員も生活に困るわけだから、お客様に必要と…

「配偶者居住権」の登記、及び存続期間!

1、配偶者居住権のの登記 第1031条(配偶者居住権の登記等) 居住建物の所有者は、配偶者(配偶者居住権を取得した配偶者に限る。以下この節において同じ。)に対し、配偶者居住権の設定の登記を備えさせる義務を負う。 2、第605条の規定は配偶者居住権…

注文書は必ず貰いましょう。口頭は間違いの元!

注文書を貰わないで倒産してしまった人がいます。 私の若い頃、まだ税理士試験勉強中のことです。 その人は大手商社の課長さんから、特急の仕事だからと口頭で億の仕事を受注しました。 まだ、上の決裁を取るのに時間がかかるから注文書を出せないけど、間違…

朝起きたらすぐ、歯磨きをする!

朝起きたらすぐ歯を磨く 朝起きたらすぐ、歯磨きをする! 起床時の唾液は一晩かかって口腔内で培養された最高濃度の最近溶液のみならず、 最高濃度の毒素が飽和状態になっている。 歯磨きは食後にするのではなく、起床直後にするのが正解! 起床直後に歯磨き…

挨拶は自分のためにするもの!

挨拶は人間関係の最初に火花を散らす、謂わば、自尊心と自尊心のぶつかり合いみたいな感が確かにあります。 威圧するような挨拶をする人、へりくだって挨拶する人、親しみを込めた挨拶、軽い挨拶ーーーー 様々な中にも、時々、ストレスを感じ、心が傷つく場…

「配偶者居住権」設定の方法!

前回の続きです。 4、設定の方法 配偶者が「配偶者居住権」を取得するための必須要件は、 *、被相続人の財産に属した建物に相続開始の時に居住していたこと。 設定の方法は、次のいずれかに該当すること、 ①、遺産の分割によって「配偶者居住権」を取得す…

アレンの「原因と結果の法則」は最近、京セラ会長の稲森和夫氏が推奨して大ベストラーになっているようですが、大変良いことだと思っています。 この手の本は一人でも多くの人が読むべきだと思います。 私はアレンと中村天風とマーフィーは皆、同じことを言…

「配偶者居住権」の新設!

平成31年度の相続法の改正の一環として、「配偶者居住権」が創設されました。 改正の法務省の説明は、「社会経済情勢の変化に対応するため、残された配偶者の生活に配慮する等の観点からの配偶者の居住の権利を保護する方策」 というものです。 具体的な内…

妻の「へそくり預金」は相続財産か?

今回のテーマは妻の「へそくり預金」です。 調査官「この奥様の預金は千数百万円もの残高という多額なものですが、 これはどのような預金でしょうか?」老婦人「この預金は何十年にわたって主人から頂いた生活費を 少しづつ貯めたものです」 老婦人は今。8…

時代の流れを読む!読み間違うと、たちまち廃業です。

昭和30年代の頃、いわゆる、八百屋さんは、トラックで仕入れた荷物を店先に並べる暇もなく、ダンボールのまま売れてしまったそうです。 儲かってしかたがなかった夢のような時代です。 皆さん、昔を懐かしんで「あの頃は良かった」と言います。 私の事務所…

営業とは、”よく聞くこと、ただ、それだけ”

私が初めて、ホームページを立ち上げた時、 ホームページを見て、すぐ、お客様が訪れてきました。 ホームページはそれなりに効果を発揮したわけです。 ところが、3人続けて顧問先契約に至りませんでした。 私は何故か?と疑問に思って、書店へ行って参考に…

<接客心得>親しみを得る、その2 他人の悪口を言わない!

接客心得 その2 他人の悪口を言わない! いかなる場合でも他人の悪口を言わない。これは人間関係の基本だと思います。 あなたが言った悪口は必ず口伝いにその人に伝わると思うこと。そして、その相手はあなたを憎むようになります。 そうなれば、人間関係は…

<接客心得>相手に好意を持つ!

昔の剣豪は雑踏の中から自分に向けられた殺気を察知したと言います。 時代小説の読み過ぎかな?(笑) 何を言いたいかというとーーーー、人間は表面を取り繕っていても常に心のの中を放射させて生活しているんで、剣豪でなくとも何となく相手の気配は感じる…

<接客心得>自分の仕事について正確な知識を持つ!

<信頼を得る>の4番目は、 「自分の仕事について正確な知識を持つ」です。 以前、顧問先の歯科医院が顧問契約の解消を申し入れてきました。 理由を聞くと、 「おたくの担当者は何か尋ねても、調べてきます、とか、所長に聞いてきます、とか、ほとんど即答…

<接客心得>目先の利に囚われることなく、誠実に業務を遂行すること!

<接客心得>信頼を得る!の3番目は、 「目先の利に囚われることなく、いかなる時にも 誠実に業務を遂行すること」 です。 人の態度はあなたの鏡です。あなたが好意を見せれば 相手も好意を持ち、あなたが目先の利に走れば相手も 用心して心を開かない、結…

<接客心得>約束と時間を守る!

私の事務所にも<接客心得>なるものがあって、新入職員を教育します。 内容は2つに分かれています。 1、信頼を得る。 2、親しみを得る。 <信頼を得る>は、更に4項目に分かれています。 1、約束を守る。 2、時間を守る。 3、目先の利にとらわれるこ…

相続法改正 「配偶者短期居住権」の創設!

民法1037条~1041条 これまでは、第三者に居住建物が遺贈されたり、配偶者の居住が保護 されないという問題があったので、この不都合を解消するために 創設されたのが、配偶者短期居住権です。 配偶者は、相続開始の時、被相続人の所有の建物に無償…

ウインナーワルツと「戦争と平和」のナターシャ

War and Peace. N.Rostova and A.Bolkonsky ウインナーワルツというと、すぐ思い出されるのが{戦争と平和」という映画で観た舞踏会のシーンです。 オードリー・ヘップバーン扮する<ナターシャ>が軽やかに<ボルコンスキー>と踊る華やかな舞踏会のシーン…