税務会計三直線

税務、会計、経営について主に書いていきます。

屋根裏部屋で聴いたドボルザークの「アメリカ」(青春の3ページ)


ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲 第12番 ≪アメリカ≫ スメタナsq. Dvořák String Quartet "Amerikan”


♪ドヴォルザーク : チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104 (B.191) / ヨーヨー・マ(チェロ),クルト・マズア指揮ニューヨーク・フィルハーモニック 1995年1月


ドヴォルザーク - 交響曲 第9番 ホ短調 Op.95 《新世界より》 カラヤン ベルリンフィル 1964

 

大学の友人はお金がないので神田川べりの下宿の屋根裏に
住んでいました。


 あれでも家賃取るんですかね。

 

 彼とは毎週のように会っては文学や音楽について時の経つのも
忘れて語り合って、時々、彼の下宿に泊まってしまったものです。

 

 二階からはしごで上がると屋根裏に生活用具が置いてあって、
すぐ上に屋根があるから背をかがめて歩かなくてはなりません。

 

 せんべい布団を2つに分けてカシワで寝ながら


「この曲、いいよ」


 と言ってかけてくれたレコードがドヴォルザーク弦楽四重奏曲
アメリカ>でした。

 

 高原を吹き抜ける一陣の風のような爽やかな澄み切った印象で、
すぐ気に入りました。

 

 ふと、私は北原白秋の<落葉松>という詩を思い浮かべました。


ーーからまつの林を出でてーーーという、あの詩です。

 

 彼は結婚後大阪に移住して会えなくなってしまったけれど、私が
仕事で大阪に出掛けた折、20年ぶりに再会しました。

 

 大阪駅の構内に立っている彼の姿は少し老けたけれど、相変わらず
飄々として若い頃と変わらないものでした。


 懐かしかったですね。

 

 通天閣のおでん屋でおでんを奢ってもらいましたよ。

 

ドボルザークの作品では、あと2曲、

 

 交響曲9番ホ短調「新世界」

 

 チェロ協奏曲ロ短調

 

を掲げておきました。2つとも私のお気に入りです。

ベートーヴェンの「熱情」と下宿先の女子学生(青春の2ページ)


ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調≪熱 情≫ バックハウス Beetoven Piano Sonata No.23〈Appassionata〉


ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第5番 「皇帝」 変ホ長調 バックハ

 

 

10代の時読んだゲーテの「若きウエルテルの悩み」はそれほど

感銘を受けなかったけれど、


 20代になって失恋して心に深い傷を負ったとき「ウエルテル」

を読んだら、彼の気持ちがよく分かりました。

 

 人間は経験によって心が深くなっていくのだ、と悟りました。

 

 ベートウベンのピアノソナタ「熱情」は丁度そんな時に聴きました。

 

 ベートウベンは失恋したことがあるな(笑)と思いましたよ。

 

 一人の人間の心魂こめたある主題が波のように繰り返し繰り返し

私の魂の奥深くを揺り動かすのです。

 

 聴いていると胸が強く締め付けられるような切なさを覚えました。

 

 同じ下宿先に日大の建築科に通う女子学生がいました。

 

「あら、建築は絵画、彫刻、建築は勿論、物理、化学、数学、

天文学等、全てを含む総合芸術よーーー」

 

といつも元気に吠えまくって、希望そのものと言った感じの明るい

御嬢さんでしたね。

 

彼女はステレオを持っていなくて、時々、私の部屋に遊びにきて

音楽を聴いていくんです。

 

そんなある日、私が「熱情」を聴いていると、

 

「「熱情」が好きなんですか?」と聞くから

「失恋するとこの曲は心に沁みるんだよ」

「そう、でも私ならそんな時はピアノ協奏曲の「皇帝」の方がいいわ、

明るくパッと忘れたいじゃない」

「でも、その明るさに耐えられないほど心が傷ついているって事もあるでしょう」

そう言うと、彼女は黙ってしまいました。

 

19歳の彼女はまだ何の挫折も知らず、明るく颯爽と人生を生きているに

違いないと思いました。

 「熱情」はバックハウスの演奏が重厚で一番好きです。

初めてのステレオ(青春の1ページ)


メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 ハイフェッツ Mendelssohn Violin Concerto e-moll

 


 今日は休日なので仕事の話は止めて、趣味の音楽の話を
しようと思います。

 

 私の少年時代は貧しい環境のため、文化とはおよそ縁遠い
ものでした。

 

 初めてステレオを買って、クラシック音楽に接したのは20代
に入ってからのことです。

 

 何となくクラシック音楽なるものを聴きたいなぁ、と思って、
職場の係長の親父に


「ステレオ買いたいんだけど、どうかなぁ」と聞いたら
「あんなもの買ったって、家の体裁の為に飾ってあるけど、三日で
飽きるから、止めとけ、止めとけ」と言われました。

 

 そんなものかと思って半年位買うのを止めたんだけど、
やっぱり想いが募って買ってしまいました。

 

 ステレオに付いていた試聴盤の


  メンデルスゾーン (ヴァイオリン協奏曲)
  チャイコフスキー (ピアノ協奏曲)
  ドヴォルザーク  (交響曲 新世界)


 のさわりを聴いて、この世にこんな美しい音楽があったなんて、
 と思いました。
 
  以来、音楽のトリコ。毎月給料を貰うと1枚づつレコードを買って、
 休日はほとんど音楽を聴いて過ごしました。

 

  人の言う事は余り当てになりませんね、あのオヤジは音楽に興味が
 なかったんですよ。

 

 人の意見は参考にはなるけれど、100%ではない、性格や育った
環境等によってそれぞれ感じ方が違うんだという事を学びました。

 

 私が最初に買ったレコードは、

 

 メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲 ハイフェッツ演奏

 

 でした。飽きもせず 、毎日 聴いて、100回は聴いたでしょうか。

特定事業用宅地等の見直し!相続開始前3年以内に新たに事業の用に供された宅地等除外



 平成30年に「貸付事業用の小規模宅地の特例」の改正
に続いての見直しとなりました。

 内容は、

1、改正前

  相続開始の直前において、被相続人の事業の用に供されて
 いた宅地、

2、改正後

  相続開始前3年以内に事業の用に供された宅地等については
 適用の対象から除外,


  (但し、その宅地の上で事業の用に供されている減価償却資産
 の価額が、その宅地等の相続時の価額の15%以上である場合
 を除く)

3、適用時期

 上記の改正は、平成31年(2019年)4月1日以後
 相続等により取得する財産に係る相続税について適用される。

  2019年3月31日以前から事業の用に供されていた宅地等は
 適用されない。

4、減価償却資産の範囲

 上記2で15%以上の減価償却資産の範囲は次の通りです。

イ、その宅地等の上に存する建物(その付属設備を含みます。)
  又は構築物、

 ロ、所得税法第2条第1項第19号に規定する減価償却資産で
  その宅地等の上で行われるその事業に係る業務の用に供されて
  いたもの、

   ロ,の所得税法第2条は、減価償却資産の定義ですから、
  建物、構築物、車両、工器具備品鉱業権その他の減価償却資産、
   全ての減価償却資産が含まれると言えるでしょう。

   ただ、相続税別表第11⁺11の2表の付表1(別表2)を見ても
  相続開始時における価額、とあって、

   その価額が所得税申告B/Sの価額か、相続税評価による金額
  かは不明です。

   そのうち、解説がなされると考えています。

 5、改正の趣旨、

   国税庁は改正の趣旨を次のように述べています。

   令和元年度改正においては、個人事業者に係る事業承継税制
  の創設についての議論が行われましたが、その際、この特例
  
   について次のような問題点も指摘されました。

  ①、相続税の申告期限後短期間で売却できる。

  ②、債務を利用した節税の余地がある。

  ③、事業を承継する者以外の者の税負担を軽減している。

   こうした指摘も踏まえ、平成30年度の貸付事業用宅地等
  に係る見直しにならい、特定事業用宅地等について、

   節税を目的とした駆け込み的な適用など、本来の趣旨を
  逸脱した適用を防止するため、この特例についても改正する。

「守*破*離」は商売でも基本!




 この言葉は能の観阿弥世阿弥親子の言葉とのことですが、
能だけでなく、歌舞伎や武道の世界でも使われているようです。

 

 しかし、これは商売にも十分使える言葉でしょう。

 

 その意味は、

 

  守ーーー師の教えを守り、ひたすら、マネする。


  破ーーーすっかりマネが出来るようになったら、自分なりに工夫してみる。


  離ーーー教えから抜け出し、自分なりの型を作る。

 世の中、不景気だから仕方がないとか、

 

 周りに聞いても皆、悪いと言ってるよ、


等と言っていないで、

まず、自分の商売の成功者をよく研究し、

 

徹底的にマネしてみることを始めたらどうでしょう。

 

 師とする人は優れている程良いが、ただ、

自分の性格や置かれた立場等を考慮して選ぶと良いと思います。

 最後の「離」までいかなくても、優れた師のマネをして

少し近づけただけでも


 大したものでしょう。

仕事力とは「問題を解決する力」!



 ずっと昔、サラリーマン時代のこと。私の上司は
「これ、どのようにしたらいいでしょうか?」
と相談をかけると、いつも


「うーんーーーー」と唸ったきり、腕組みをして考え込んでしまいます。


「これはどうかな」と、やっと答えが見つかったと思ったら、
「待てよ」と迷って考え込んで答えが出てきません。

 私はいつも「あかんわ」と思います。

 彼は東大の経済を出ていて、勉強会で、ケインズ理論

などを講義する時は滔々とやるけれど、

 

 実務の応用問題は苦手のようでした。

 学問があるのはいいことだけど、現実の仕事は

応用問題の連続だから、その力がないと、

単なる事務屋になってしまうよ、と思いましたね。

 仕事って何だろうか?

 仕事力って、問題を解決する力、

 

 じゃないかなって、今でも思いますよ。

 それじゃあ、仕事力って、どうやったら身につく

ものなんでしょうかね。

 ですから私は事務員に常日頃、「考えなさい」と言うんです。

3年以内の取得は適用なし!貸付事業用宅地等

 


1、貸付事業用宅地等を取得しても、相続開始3年以内の
取得は小規模宅地等の特例の適用は受けられない事
になりました。


改正前

 

 相続開始の直前において、被相続人等の貸付事業の
用に供されていた宅地等

 

改正後

 

 相続開始前から遡って3年を超えて、被相続人等の
貸付事業の用に供されていた宅地等

 

 但し、被相続人等が事業的規模で相続開始前から
 遡って3年を超えて貸付事業を行っている場合
 には、
   相続開始前3年以内に、新たに開始した
 貸付事業用宅地等は、改正前と同様に、特例の
 適用を受けることができます。

 

2、改正の趣旨

 

 貸付事業用宅地等の特例の要件を満たすために
相続直前に現金や借入金で貸家を購入、貸付けして、

相続税を節税するという方法は今まで過度に行われて
いました。

 

 この相続発生直前の節税策を規制するために改正
されました。


貸家を購入すると、

 

建物の相続税評価は、

 

固定資産税評価額課×0.7


固定資産税評価額が時価の半分程度の上に、0.7
を乗じて更に減額され、

 

土地も、相続税評価額×(1-借地権割合)

 

という計算式で土地建物の相続税価額は計算します。

 

具体的な数字で計算してみます。

 

3、土地建物の計算例、

 

建築価額  100,000千円
固定資産税評価額  60,000千円
土地の自用地評価額  50,000千円
借地権割合 70%
借入金100,000千円

 

とします。

 

建物価格      相続税評価額
 60,000,000×0.7=42,000,000円

 

土地の評価額
借地権割合 借家権割合
 50,000,000円×(1-0.7×0.3)=39,500,000円

 

土地 建物
39,500,000+42,000,000=81,500,000円

 

借入金100,000千円が負債として控除され、

 

100,000円で建築した建物が42,000円で評価
され、58,000千円も評価額が減額されました。

 

土地も、50,000千円が39,500千円の評価額
になり、10,500千円の減額、

 

土地建物、合わせて、68,500千円 

 減額になるわけですから、数字だけ考えれば、節税策
としては強力ですね。

 

強力ということは、政府としては大幅な税の減収です。

 

4、適用時期

上記の改正は、平成30年4月1日以後に相続又は遺贈
により取得する財産に係る相続税から適用されます。

 

但し、平成30年4月1日より前から貸付事業の用に
供されている宅地等については、除外されます。

 

 事業的規模とは、所得税法における、5棟10室の基準
を原則として適用します。

 

5、貸家建設の損得、

 

 確かに、上の算式でも分かる通り、節税力は抜群ですから、
3年を経過すれば、相続税の納税額は大幅に下がります。

 

 しかし、それは一定の賃借人が確保されての話で、
誰も入居者がいないような状態でしたら、

 

 借入金や固定資産税の支払いで資金繰りに窮し、
土地建物を手放す羽目に陥ります。

 

 よくよく考えて、安易にうまい話に飛びつかない用心が肝要ですね。