税務会計三直線

税務、会計、経営について主に書いていきます。

適用の対象となるための要件!「事業承継税制の特例」(贈与税)


 前回は、

 贈与から、税額免除までの流れを説明しました。

 事業承継税制の特例(贈与税)は、全ての法人が適用になる
わけではなく、一定の要件に該当しなければなりません。

 主な要件が3つあります。

1、会社の要件、

2、後継者の要件、

3、経営者の要件

 今回は、1、の「会社の要件」について説明いたします。

 会社の要件を列挙してみます。

①、中小企業者に該当すること、

②、承継計画を作成し、都道府県知事の確認を受けていること、

③、常時使用する従業員数が原則1人以上あること、

④、資産保有型会社でないこと、

⑤、その会社及びその特定特別関係会社の株式又は出資が
 非上場の株式又は出資に該当すること、

⑥、風俗営業会社に該当しない事、

⑦、円滑な事業運営に関する要件、

 * 直前の事業年度における主たる事業活動からの収入金額が
ゼロを超えること、

 * 黄金株を後継者以外の者が有していないこと、

 ざっと、以上の要件に該当していることが必要です。


①、の 中小企業者とは、次のいずれかの基準を満たす法人

 

 中小企業者












 
 
業種目                                資本金等        従業員数
 
1、製造業、建設業       3億円以下   300人以下
  製造業の内ゴム製品製造業  3億円以下   900人以下

2、卸売業           1億円以下  100人以下

3、小売業           5000万円以下  50人以下

4、サービス業         5000万円以下  100人以下
 
  サービス業の内、情報処理業   3億円以下   300人以下
 
  サービス業の内、旅館業     5000万円以下  200人以下
 
 
 
 
 
 
 

贈与から、税額免除までの流れ!「事業承継税制の特例」

 

 事業承継税制は改正により、全株式を対象とし、100%の
納税猶予となる、画期的な改正であり、

 会計事務所としては、法人の全顧問先に適用したいと
考えています。

 先代経営者から後継者に全株式を贈与したとして、
贈与から税額免除までの流れを列挙してみます。


1、5年以内の特例承認計画の策定:提出:確認

 ①、会社の後継者や承継時までの経営見直し等を記載した
 「承継計画」を策定し、

 ②、認定経営革新等支援機関の所見を「承継計画」に記載

 ③、令和5年(2023年)3月31日までに、「承継計画」を
  都道府県庁に提出し、確認を受ける。

2、10年以内の相続:贈与等

 ①、「承継計画」を提出し、確認を受けた後、

 ②、先代経営者から後継者に全株の贈与を行い、

 ③、その翌年1月15日までに都道府県庁に認定の申請を
  行い、

 ④、認定書の写しとともに、贈与税申告書を3月15日までに
  提出、担保を提供し、贈与税の納税猶予を受ける、

3、贈与税申告後の流れ

 ①、申告期限後5年間

   都道府県庁に「年次報告書」を提出(年1回)

   税務署へ「継続届出書」を提出(年1回)

 ②、6年目以降

   税務署へ継続届出書を提出(3年に1回)


4、贈与税が免除される、相続

  事業承継税制(贈与税)は、先代経営者が死亡した場合には
 「免除申請書」を提出することにより、猶予されていた贈与税
 免除されます。

  但し、その株式等は相続又は遺贈により取得したものとみなされ、
 贈与時の価額により相続財産に含めて相続税の計算を行います。

  その際、都道府県知事の「切替確認」を受け、一定の条件を満たす
 場合には、事業承継税制(贈与税)の適用に係る贈与が、

平成30年(2018年)1月1日から令和9年(2027年)12月31日
 までに行われているものであれば令和10年(2028年)1月1日以降

  の相続にあっても「非上場株式等の贈与者が死亡した場合の相続税
 <納税猶予*免除>」制度の適用を受けることが出来ます。

  従って、株式等に係る課税価格に対応する相続税の全額について
 納税が猶予されます。

 

5、相続税の納税猶予:免除」の適用の手続

  ①、都道府県知事の確認

会社がこの制度の適用要件を満たしていることについての都道府県知事の
  「切替確認」を受ける必要があります。

  ②、相続税申告書の提出

    相続税の申告期限までに「非上場株式についての相続税の猶予:免除制度」
   の適用を受ける旨を記載した相続税の申告書及び一定の書類を

    所轄税務署に提出し、納税が猶予される相続税額及び利子税の額
   に見合う担保を提供します。


6、相続税の納税免除

  事業承継後、後継者の死亡により「免除届出書」「免除申請書」を
   所轄の税務署に提出することにより、その死亡があった時において、

    納税が猶予されていた相続税について、その納付が免除される
   ことになります。

 

 

2020年の日本経済は混沌?

 

あけましておめでとうございます!

 毎年の事ながら、新年にあたり、日本経済の予測を自分なりに立ててみます。

 
これは、会計事務所のお客様に色々とアドバイスするため、と、株式市況が
どう動くかを予測し、株式の売買で利益を得るためです。

 今年、経済に大きな影響を与える出来事を列挙してみますと、


 1、オリンピックの開催、

 2、米中貿易摩擦

 3、国策としての、

   イ、5G

   ロ、キャッシュレス化

   ハ、国土強靭化計画、

 4、日韓関係悪化、

 5、超高齢化、少子化

 6、米国株の動向、


1、オリンピック需要

   オリンピック関係の建設は2019年にほとんど終わって、あとは訪日客に
  よる利益だけで、あまり2020年には影響しないのではないでしょうか?

2、米中貿易摩擦

   これは米中の覇権をかけた戦いですから、力の強い米国が中国を圧倒して、
  中国の経済は2020年も更に弱体化すると思われます。


   中国との関係が深い日本企業の利益は大きくマイナスになる筈です。

   特に、中国経済の規模が縮小して設備投資が減少すると、日本の機械工業等
  の企業は要注意です。

3、国策としての、


  イ、5G

    総務省の発表によれば、その経済規模は47兆円にものぼるとされています。
   6月に解禁されるようですが、

    どれがどのように変わるのか、文系人間の私にはさっぱり分かりません。

    ただ、2020年に全て47兆円の経済効果があるわけではなく、これから
   数年にかけてということでしょう。

    しかし、5G関連銘柄はどんどん利益が増額修正されています。


  ロ、キャッシュレス化

    このテーマは5Gほどではないと思いますが、日本の社会がかわってくるし、
   税務署は利益を把握しやすくなっていいんじゃないですか(笑)

  ハ、国土強靭化計画、

    2020年の国の予算も考えた以上に多額で、老朽化した日本国土の強靭化は
   待ったなしの感じです。


4、 日韓関係の悪化は、経済的には韓国経済の規模が小さいので殆ど影響ないと
   考えています。

5、超高齢化、少子化

    この問題は経済効果というよりは、日本の経済形態の変化ということで、経済的
   には、プラスの企業、マイナスの企業ということでしょう。

6、米国株

    米国株がかなり上昇していますね。米国の経済が好調ということもある
   でしょうが、多分に大統領選挙のために人為的に操作されている面があると

    思われますので、選挙の結果によっては暴落する可能性ありなので要注意です。

    トランプ大統領が当選した時、千円近くも暴落したことがありました。


  このように見てくると、2020年の日本経済は好材料、悪材料が混沌としています。

  現在、年始の株式市況はどんな感じかというと、2019年8月半ばに底をつけてから年末に
 向かって上昇を続けています。

  日経

f:id:ikeyamam:20200104124956j:plain


平均は操作されているので、全然、当てにしていません。

  東証一部全銘柄単純平均株価は、既に、リーマンショック時と同じ位の株価まで
 下がっています。

  現在はアベノミクス効果で大きく上昇したあと、2段下げして、上昇中ですが、
 どこで上げ止まり、最後の3段下げに向かうか、注目しています。


  上昇の白線の本数から見て、あと数か月で下降に転じ、下げ止まったところ
 から、本格的な上昇が始まるのではないでしょうか。

  上昇の中核をなす企業群は、5G関連、国土強靭化計画関連、と考えます。


上の写真は私が記録している<東証一部全銘柄単純平均株価>の新値三本足のチャート
です。

 2009年3月のリーマンショック時の底値近くまで、現在の株価が下がっていますね。
  

  

「配偶者居住権」と小規模宅地等の特例の関係!

1、 「配偶者居住権」において、小規模宅地等の特例はどう扱われるのか
当初、明確ではなかったが、だんだんに明らかになり、

 財務省から、「配偶者居住権の創設に伴う所要の措置」が発表され、
大体、分かってきました。

 その記述を拝見すると、

” この配偶者居住権は、借家権類似の建物についての権利とされている
ことから、配偶者居住権自体が小規模宅地等の特例の対象となることは
ありません。

 他方、配偶者居住権に付随するその目的となっている建物の敷地を
利用する権利(敷地利用権)については、「土地の上に存する権利」に
 該当するので、小規模宅地等の特例の対象tなります。”

 以上のように明確に表現され、令和2年4月1日に向けて徐々に法令が
改正されていくので、、小規模宅地等の特例の適用は大丈夫でしょう。

2、小規模宅地等の面積調整

本来、配偶者が居住している建物の敷地は所有権を取得すれば、全て
が小規模宅地等の特例の対象となる筈ですが、

 配偶者居住権が設定された場合、面積調整が必要になります。

 財務省は次のように説明しています。

 例、


 1、土地   更地の相続税評価額 4000万円  200㎡

 2、子が土地、建物を相続

 3、建物に配偶者と子が居住


 面積調整

  敷地利用権(配偶者) 1000万円

  所有権(子)       3000万円

 200㎡×1000万円/4000万円=50㎡

 200㎡×3000万円/4000万円=150㎡


 2nn㎡<330㎡
 ----居住用の限度面積を満たす


3、小規模宅地等の特例の適用要件

  上記の例は、配偶者と子が同居しているので、共に、小規模宅地等の特例の
適用資格がありますが、

  子が、同居していないと、小規模宅地等の特例の適用は配偶者の50㎡のみ
となります。

 特定居住用宅地等の特例の適用要件を念の為、挙げてみますと、


 1、配偶者

    配偶者は無条件で適用あり

 2、同居している親族

    保有、居住の継続要件あり、

 3、家なき子

   家なき子の場合、次の条件があります。

  イ、被相続人に配偶者がいない、

  ロ、被相続人と同居している相続人がいない、

  ハ、被相続人が亡くなる前3年間、日本国内にあるその人又は
   その人の配偶者の所有する家屋に居住したことがない、

  二、3年以内に3親等以内の親族の家に住んだことがない、

  ホ、3年以内に特別な関係の法人が持つ家に住んだことがない、

  ヘ、相続開始時に住んでいる家を過去に所有したことがない、

   平成30年の改正によって一層厳しくなりました。

   これらの条件がありますので、配偶者居住権が設定された場合
 家なき子に小規模宅地等の特例の適用はありえないことになります。

 

「配偶者居住権」の終了!

現在、相続の相談を数件受けていますが、「配偶者居住権」の創設で課税関係の
把握が複雑になっています。

 私の考えは「配偶者居住権」をうまく使えばかなりの節税になると考えています。

 遺言書を作成したいので相談にのってほしいという案件があります。

 「配偶者居住権」の施行は2020年の4月1日からですので、いつ相続が開始するか
分かりませんので、当面、自筆証書遺言を作成しておいて、4月1日を過ぎたら、
「配偶者居住権」を織り込んで、公正証書遺言を作成しようと考えています。

 そのためには、「配偶者居住権」について、少なくとも、次の3点は知って
おかなくてはなりません。

 1、配偶者居住権の評価方法、

 2、配偶者居住権と小規模宅地等の特例との関係、

 3、配偶者居住権が消滅した場合の課税関係、

  今回は配偶者居住権の消滅を掲げておきます。

  「配偶者居住権」が消滅した場合、どのような課税関係が生じるか
よく理解し把握しておく必要があります。

「配偶者居住権」が消滅した場合の課税関係

 ①、合意解除により消滅した場合

   対価を支払わなかった場合、又は、著しく低い対価の場合ーーー建物の所有者に贈与税課税

 ②、放棄により消滅した場合ーーー建物の所有者に贈与税課税

 ③、民法1032条による消滅請求により消滅した場合ーーー建物の所有者に贈与税課税

 ④存続期間満了により消滅した場合ーーー課税なし

 ⑤、配偶者の死亡により消滅した場合ーーー課税なし

 ⑥、居住建物全部消滅により配偶者居住権が消滅した場合ーーー課税なし

 ⑦、配偶者より先に居住建物の所有者が死亡した場合

    所有者の相続人に相続税が課税されるが、配偶者居住権は影響されない。

 以上、7項目挙げてみましたが、通常は⑤の配偶者の死亡により消滅した場合
を想定すれば良いのではないでしょうか。

下に、民法の規定と、国税庁が発表している通達を掲げておきました。

   

 


第1036条(使用貸借及び賃貸借の規定の準用)

第597条第1項及び第3項、第600条、第613条並びに第616条の2の規定は、
配偶者居住権について準用する。

相続税基本通達

(配偶者居住権が合意等により消滅した場合)

9-13の2 配偶者居住権が、被相続人から配偶者居住権を取得した配偶者と
当該配偶者居住権の目的となっている建物の所有者との間の合意若しくは
当該配偶者による配偶者居住権の放棄により消滅した場合又は
民法第1032条第4項*1の規定により
消滅した場合において、当該建物の所有者又は当該建物の敷地の用に
供される土地(土地の上に存する権利を含む。)の所有者
(以下9―13の2において「建物等所有者」という。)が、対価を支払わなかったとき、
又は著しく低い価額の対価を支払ったときは、原則として、当該建物等所有者が、
その消滅直前に、当該配偶者が有していた当該配偶者居住権の価額に相当する
利益又は当該土地を当該配偶者居住権に基づき使用する権利の価額に相当する
利益に相当する金額(対価の支払があった場合には、その価額を控除した金額)を
、当該配偶者から贈与によって取得したものとして取り扱うものとする。(令元課資2-10追加)

(注) 民法第1036条*2において準用する
同法第597条第1項及び第3項*3並びに
第616条の2*4の規定により配偶者居住権が
消滅した場合には、上記の取り扱いはないことに留意する。

*1:建物所有者による消滅の意思表示

*2:使用貸借及び賃貸借の規定の準用

*3:期間満了及び借主の死亡による使用貸借の終了

*4:賃借物の全部滅失等による賃貸借の終了

「配偶者居住権」、配偶者による使用及び収益、修繕等、費用の負担!



 「配偶者居住権」の創設の意義は、財務省の発表によれば、

 配偶者が居住建物の所有権を取得しようとすれば、遺産の構成によっては
金融資産などの確保が困難になり、老後の生活に苦慮することになる。

 居住と老後の生活の安定に資するため、配偶者の生存中は居住建物に
無償で居住できる権利を創設する。

 他の相続人が居住建物の所有権を取得し、配偶者が配偶者居住権を取得
することにより、配偶者の住居が確保され、他の金融資産も相続することが
出来るため、老後の生活を安定させることが可能になる。

 と記されており、

1、 当然、善良な管理者の注意をもって居住建物の使用及び収益が出来る
こととなります。

2、 配偶者居住権は譲渡することが出来ないとされます。

3、又、居住建物の所有者の承諾を得なければ、居住建物の居住建物の改築若しくは増築をし、
又は第三者に居住建物の使用若しくは収益をさせることができない。

4、配偶者が違反した場合において、居住建物の所有者が
相当の期間を定めてその是正の催告をし、その期間内に是正がされないときは、
居住建物の所有者は、当該配偶者に対する意思表示によって配偶者居住権を
消滅させることができる、とされています。

 

修繕については、配偶者は使用及び収益をしているわけですから、
必要な修繕をするのは当然であろうと考えます。

 所有者は住んでもいなければ、家賃も収益していないのに、修繕費
を負担させられてはたまりません。

 同様に、1034条の規定にある通常の費用の負担も、例えば、固定資産税
の負担のような費用も使用及び収益している配偶者が負担すべきでしょう。

 

 

第1032条(配偶者による使用及び収益)


 配偶者は、従前の用法に従い、善良な管理者の注意をもって、
居住建物の使用及び収益をしなければならない。ただし、
従前居住の用に供していなかった部分について、これを居住の用に供することを妨げない。
 配偶者居住権は、譲渡することができない。
 配偶者は、居住建物の所有者の承諾を得なければ、居住建物の改築若しくは増築をし、
又は第三者に居住建物の使用若しくは収益をさせることができない。
 配偶者が第一項又は前項の規定に違反した場合において、居住建物の所有者が
相当の期間を定めてその是正の催告をし、その期間内に是正がされないときは、
居住建物の所有者は、当該配偶者に対する意思表示によって配偶者居住権を
消滅させることができる。




第1033条(居住建物の修繕等)

 

 配偶者は、居住建物の使用及び収益に必要な修繕をすることができる。

居住建物の修繕が必要である場合において、配偶者が相当の期間内に必要な修繕をしないときは、
居住建物の所有者は、その修繕をすることができる。

 居住建物が修繕を要するとき(第一項の規定により配偶者が自らその修繕をするときを除く。)、
又は居住建物について権利を主張する者があるときは、配偶者は、居住建物の所有者に対し、
遅滞なくその旨を通知しなければならない。ただし、居住建物の所有者が
既にこれを知っているときは、この限りでない。


第1034条(居住建物の費用の負担)

 

 配偶者は、居住建物の通常の必要費を負担する。
第583条第2項の規定は、前項の通常の必要費以外の費用について準用する。



 

配偶者居住権の評価方法、具体例!

 被相続人及びその配偶者が居住していた建物及びその敷地に
配偶者居住権を設定した場合の具体的な計算をしてみます。

設例、

  妻は相続開始時の年齢が85歳、

 自宅建物の相続税評価額、---固定資産税評価額1,000万円、

 自宅建物は木造、耐用年数22年、経過年数15年、

 自宅建物の敷地の相続税評価額   8,000万円

 長男が自宅建物、敷地の土地を相続する。

 自宅建物に配偶者居住権を設定、妻は終生居住する。


上記、設例の解答

①、配偶者居住権が設定された建物所有権の評価額(子の相続分)

              *1
 10,000,000円×22年×1.5-15年ー8年=10年
       22年×1.5-15年=18年
        *2
       × 0.789=4,383,333円

*1、配偶者居住権の存続年数
      完全生命表による85歳女性の平均余命年数 8.30ーー8年

 *2、民法の法定利率による複利現率、年3%で8年の場合ーー0.789

 ②、建物の配偶者居住権の評価額(妻の相続分)

10,000,000円-4,383,333円=5,616,667円


 ③、配偶者居住権の設定された建物の敷地所有権の評価額(子の相続分)

        *2
 80,000,000円×0.789=63,120,000円


 ④、敷地に対する配偶者居住権の評価額(妻の相続分)


 80,000,000円-63,120,000円=16,880,000円


 上記の設例における、

 妻の相続分の合計は、

   5,616,567円+16,880,000円=22,496,567円

子の相続分の合計は、

  4,383,333円+63,120,000円=67,503,333円

となります。